山道を登り降りてつり橋にたどり着く安堵感

furo_02.JPG吾妻連峰北斜面
標高位1,050メートルに位置し
山肌が急崖となって落込む
岩底に湧く山のいで湯
最上川源流にのぞみ
すり鉢状の地にあたるため
比較的風が静かで
紅葉は風に散ることなく
自然に落ちるまま
谷を埋め尽くし2009滝見屋秋.JPG
錦秋の景観を楽しめる
宿の窓から
谷の上流を眺めると巨大な滝が望まれ
野猿かもしかが
走り回っている姿を
よく見かける