@直江石堤

1.jpg海老ヶ沢大橋の南岸〜大平温泉滝見屋案内所近く〜

直江兼続の治水計画によって築かれた石堤です。米沢の町を洪水から守るため、下級武士によって築かれたこの堰は機械のなかったころの先人の苦労と治水の大切さを教えてくれます。

現在長さ1.2キロにわたって見る事ができます。