最上川源流の滝 この谷に落ちたぎつ 音とどろきわたる

taki_01b    

今を去る1,100余年の昔、清和天皇の御宇貞観二年。                       
 行者修行のため山深く入り、滝の下の岩穴で一夜を明かしたところ、夢枕に日頃信仰している不動尊のお告げにより、ふきんに温泉のあるのを探し当てたのが発見の由来と伝えられており、その滝が現在の火焔(かえん/ひのほえ)の滝であり、一名不動滝ともいわれ、山形県の母なる川最上川の源流、出発点となっています。
 
 享和元年(1801)年になり先祖がこの地に浴舎をたて、本格的に滝見屋を開業したと伝えられています。
 
 明和8年(1771)6月27日、藩主・上杉治憲(上杉鷹山)は江戸から招いた師、細井平洲を誘って大平滝に清遊した。まだ浴舎が無かったため、入浴の記録もなく、日帰りの行楽でありましたが、平洲は「遊大平潭記」という長文の紀行文を書いており、数十丈の滝の雄大さや、従者が滝つぼで泳いだり、網でマスを採ったりした様子がいきいきと描写されています。治憲も「季夏興平洲先生遊大平潭」と題する七言絶句を残しています。
 

温泉のいわれ.bmp

 
 当館は現在この滝を正面に眺める位置に建ち、丈余の石提を築いたひなびた趣の建物。温泉は古くから胃腸によく効くことで有名であり、湧出量毎分780リットルの湯量を誇る野趣豊かな大露天風呂はまさに東北一の秘境といわれています。昭和57年には宮中歌会入選歌碑が建立され、お客様のいこいの場となっています。


ご予約はこちらからどうぞ